英語

英文法おすすめ本【しゃべれるようになる文法を勉強したい】 

英文法 おすすめ 本
ひよこちゃん
ひよこちゃん
英語が話せるようになるためには、英文法を勉強をしなきゃダメなの?できれば、勉強せずに話せるようになりたいけど…

 

その気持ちわかります。

 

留学前の私も全くおなじ気持ちでした。

私はほんとに英文法が苦手。

語学学校のクラス分けテストの時も「英語は話せているので、少し勉強すれば文法もわかるようになるはず」と、遠回しに「英文法だけ点数がわるい」ことを告げられる始末。

 

英語を勉強している以上、いつか話せるようになりたい。

だから試験を解くためではなく、話せる英文法を勉強したい。

と思い探し続けた私は、様々な文法本を買ってきました。

今回はそのなかで、1番腹落ちした英文法本をご紹介します。

 

じつは出会いは本ではなく、とあるサイトの記事でした…

時吉さんの連載『英語職人・時吉秀弥の英文法最終回答』

英文法 おすすめ本

“STUDY HACKER”というメディアサイトをご存知でしょうか?

人生を豊かに生きるための勉強法や、スキルアップやキャリアプランを考えるサイトです。

 

そのなかの連載の1つだったのが、『英語職人・時吉秀弥の英文法最終回答』。

偶然このページにたどり着いた私。

読み始めたら最後、文章のよみやすさと解説のわかりやすさに、たちまちファンとなりました。

 

やはり私とおなじようなファンが多かったのでしょう。

2019年、念願の書籍化となりました!

英文法おすすめ本『英文法の鬼100則』

英文法 おすすめ本 英文法の鬼100則

この本は、今までの試験問題を解くための文法解説とは異なります。

では、どんな文法本なのかというと、

この本は、どうやったらあなたが早く、英語が書けて、話せるようになるのかを伝えるために書いたものです。

と「あらすじ」に書かれている通り。

 

応用の効かない「受験英語」ではなく、英語を道具として使えるようにする「話し、書くための英文法」を説明している本なのです。

英文法 おすすめ本 英文法の鬼100則

少し書籍のなかをお見せします。

POPなイラストを使用したり、漢字や硬い表現をなるべく避けた表現をつかったり。

すこしでもわかりやすくしたいという、出版社と時吉さんの配慮が手にとるようにわかりますね。

 

ただ残念だなと思ったのが2点。

1つ目は、文法の名称をそのまま使っていること。

文法苦手人間としては、それだけで「うぅぅ」となってしまうので…

 

2つ目は、本書に「比較」の項目が含まれていないこと。

個人的には「比較」がとても苦手だったのですが、サイトの連載がとても分かりやすい!!

as ~ as をはじめとする「比較」の文を苦手とする英語学習者は多いと思います。なぜなら、文が長くなるからです。そしてなぜ長くなるのかというと、ひとつの文の中に「比較するもの」と「比較されるもの」というふうに、ふたつも情報を入れなければならないから。

as ~ as の文が苦手になるひとつの原因が発生するのです。それは「as ~ as …」が「ひとつのセットなんだ」と思いこんでしまうこと。もうちょっと正確にいえば、1回目の as と2回目の as がそれぞれ何をやっているのかをあまり考えずに、とにかく「as ~ as …」というかたまりだけで考えてしまう、ということです。逆に言えば、1回目の as の役割と2回目の as の役割をそれぞれきちんと理解すれば、文が長くなっても、きちんと組み立てられるということなんです。

↑は、連載『英語職人・時吉秀弥の英文法最終回答 第16回 前のasと後ろのasはどう違う?脱・丸暗記、理屈でとらえる比較の文』からの引用です。

目からウロコの解説だったので、ぜひ収録してほしかったんですが、「比較」はシリーズ2作目『英熟語の鬼100則』に収められています。

 

↓気になる方はサイトの記事をどうぞ

《勉強法》ひたすら読む教材

そうなんです。

こちら音声はついていないので、音読はできません。

 

そして練習問題のようなものは、ついてません。

問題をといて身につけるのではなく、この本で英文法の感覚を身につけて、たくさんの英語サイトを読んでみるのがオススメ。

 

最初のページから一読しようとすると飽きるので(←私)、

第一章を読んだあとは、気になるところから目を通すほうがよいです。

 

有名な大西先生の教授法と似ているなと感じますが、個人的に大西先生の文章が合わなかったので、時吉さんの解説はとても助かりました!

文章の雰囲気を知りたい方は、STUDY HACKの連載サイトをぜひご確認ください。

この記事だけでも十分学べます。

 

ということで。

写真の通り、いろいろ購入し勉強してきたわけですが、結局は「受験英語」ではなく「ネイティブ感覚の英文法」が学びやすいですね。

最終的に「言いたいことが話せて、書ける」英文法を身につけたい方は、ぜひ時吉さんの『英文法の鬼100則』を手にとってみてください。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です