韓国映画

【偶発的な本能は許されるのか?】韓国映画『悪のクロニクル』ネタバレ感想

予想だにしない真犯人にびっくり!

鮮やかに騙される映画『悪のクロニクル』。

なぜ話題にならないのか不思議でたまりませんw

©2015 CJ E&M CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED

▼あらすじ▼

江南署につとめるチェ・チャンシク(ソン・ヒョンジュ)は、事件解決におおきく貢献したとして表彰をうける。

出世も約束されるなか、祝の席のあと、タクシー運転手とケンカになり殺してしまう。

自身の進退にかかわることをおそれたチャンシクは、第三者に捜査がむかうよう証拠を隠滅しその場をさる。

しかし翌朝、世間はセンセーショナルなニュースにおどろく。

ある男の死体が江南署を空中からにらむように、クレーンで吊るされていたのだ。

出勤したチャンシクは、その死体が昨日殺したタクシー運転手であることに打ちひしがれる・・・

▼作品情報▼

2015年 制作

制作国 韓国

上映時間 102分

この作品はNetflixにて鑑賞したのですが、現在は配信してません。残念。

Amazonプライムビデオでは配信中です。

▼感想▼

大どんでん返し!!

パク・ソジュン目当てで見た作品です。

わかりやすいミステリーかな?と軽い気持ちで観始めたら最後w

 

なぜなら、大好物の「大どんでん返し!!」だったからです!

あまりにも展開が謎すぎて、ブンブン振り回されながら必死で観ていたら「犯人はこの人なの!?」の見事なオチ。

面白すぎて2回観たのは、私ですw

いや、3回目を観たのは私ですw

すべては「偶発的な本能」から始まった

©2015 CJ E&M CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED

物語は重い雨のシーンから始まります。

多くの野次馬が見守るなか、12人もの人を殺したとして警察に連行される父親。

雨なのか、自分の涙なのかもわからぬ程に顔を濡らし

それを見つめ続けることしかできない息子。

 

それから長い時間が過ぎ、現在の韓国・江南。

とあるコンビニでの殺人事件について、ヒョンジュ(パク・ソジュン)が書いた起訴状にたいし、上司であるチャンシクは訂正を指示します。

ヒョンジュ自身は、殺人罪を適用したいのですが、

チャンシク曰くこの事件は「偶発的な本能」による犯罪だと殺人罪の適用を却下してしまうわけです。

 

このときのヒョンジュの表情に注目。

この事件の謎をとくポイントになります。

よくできたタイトル

よく耳にする「クロニクル」という言葉。

歴史的な出来事や事件を、年代順にしるしている文章を年代記=クロニクルといいます。

 

勘のよい方なら、「あ!」とお気づきだと思います。

そうです。

この物語は冒頭の重い雨のシーンがすべての始まりです。

そこから皆の悲劇のクロニクルが始まってしまうのです。

社会の闇、大人の闇

©2015 CJ E&M CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED

すべての始まりである冒頭の逮捕のもととなる、12人殺害事件。

その事件は物語の終盤に、すべての真相があかされます。

 

この真相が、これまた胸をふさぐ残酷さなんです。

社会的弱者への暴力、社会的権力の暴走、そして誰かが誰かを思う愛…

いたたまれない気持ちになる状況のオンパレードなのですTT

 

その大人たちの暴走のなかで、1番の犠牲者が子供。

雨のなかでひたすら佇む息子の心や生活は、いったい誰が守るのでしょうか?

 

ただ、ここで打ちひしがれてばかりではダメですよ!

事件の真相においてけぼりにされてしまいます!

 

 

最初は大好きなパク・ソジュン目当てで観始めた映画『悪のクロニクル』。

蓋をあけてみると、自分の保身に走った大人たちの闇のなかで

必死に生きてきた子供たちの物語でした。

 

重い内容ですが、観ている者にわかりやすくシーンが展開してゆくうえに、

後半にやってくるどんでん返しの連続に大満足で鑑賞できます。

 

その濃密な展開は、102分の長さによくこれだけの情報をつめこんだな〜と関心するほど。

「ユージュアル・サスペクツ」や「ライフ・オブ・デイビットゲイル」などが好きな方にはどストライクなはず!

どんでん返し好きの皆さん、ぜひ御覧ください。

 

またまた警察官なパク・ソジュン。家出少女が拉致される理由がわかりますか?

韓国映画『ミッドナイト・ランナー』
【トッポキはパワーワード】な韓国映画『ミッドナイト・ランナー』ネタバレ感想@Netflix捜査の3原則は「被害者・物証・現場」だそうですが、この映画を見終わる頃には「情熱・執念・本気」が正しいやつだ!と思わずにはいられません。…いや。厳密には「被害者・物証・トッポキ」かも!?...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です