韓国映画

目には目、歯には歯。【韓国映画】黄泉がえる復讐 あらすじと感想(ネタバレなし)

【作品情報】

2017年制作

制作国 韓国

上映時間 92分

【あらすじ】

殺された人間がこの世に蘇り、自身を殺した犯人に復讐する「犠牲復活者」。

目的を果たした復活者はその後焼失する。

ある日、母親を殺された検察・ジンホンの元に姉から「死んだはずの母親が帰ってきた」と連絡が入る。

慌てて駆けつけたジンホンを見つけた母は、ものすごい形相でジンホンに襲いかかる。

この事件をきっかけに、ジンホンに母親殺しの容疑がかかる・・・

 

残念ながらNetflixでは配信されておらず、楽天TVで視聴しました。(2019年6月現在)

 

犠牲復活者の条件が「雨」ということと、内容が内容だけにひたすら暗い映画でした。

一体「誰が?」犯人なのかを考えていると、家族間の重い愛が顔を出し始めます

個人的に観終わった後は、「そ~言うことか・・・」と後味悪く重くなりましたが、メッセージは非常にわかりやすいです。

先日レビューしたベルベット・バズソーに比べればめっちゃわかりやすいw

 

実はキム・レウォン目当てで観たんですよね〜w

扱うテーマは結構重いですが、上映時間90分とサクッと観られます。

梅雨の時期は避けたほうがいいかもしれませんw

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です