韓国映画

事件はおわらない。【韓国映画】カエル少年失踪殺人事件あらすじと感想(ネタバレなし)

実話がベースになっている、映画『カエル少年失踪殺人事件』。

現在も未解決のままの事件ですが、

映画ではひとつの結末が準備されています…

【あらすじ】

「山にカエルを取りに行ってくる」と言い残し5人の子供が姿を消した。

TV報道局のプロデューサー、大学教授そして刑事の3人がそれぞれ思惑をいだき捜査に参加するが・・・

 

この映画のベースとなったのは、韓国3大未解決事件の一つとなった「カエル少年事件」です。

他2つは、映画「殺人の追憶」のベースとなった華城連続殺人事件と映画「あいつの声」のイ・ヒョンホ誘拐殺人事件ですね。

【考察】実話ベースの映画

韓国3代未解決事件のひとつ

temitaのなかで、「殺人の追憶」は韓国映画の最高傑作の1つ。

最後の少女のコメントに、鳥肌と怒りがわき起こるなんとも後味が悪い映画ですww

でもこの作品をきっかけに韓国映画に魅了され、今にいたります。

 

話を「カエル少年」に戻します。

実際に捕まえにいったのはカエルではなく、サンショウウオだったのですが、なぜがカエルに。最後の言葉が脚光を浴びたため、「カエル少年」と名が付いたそう。

 

失踪した11年後に5柱の白骨死体となり発見されますが、その様子から転落等の事故ではなく、何者かによる殺害と断定されます。

ただ、11年という時間があまりにも長かったよう。

結局なんの進展もないまま、2006年に時効をむかえ捜査は終了しています。

家族が容疑者!?

映画では当初、家族の関与が疑われます。

聴取にきた関係者に対しての対応が、非常に不信なものだったためです。捜査が続くと家族の関与が晴れるのですが、そこから3人に不協和音が響きはじめます・・・

 

結局は3人の協力関係は頓挫し、それぞれ捜査を続ける形になります。

話中では少年達の失踪捜査がもちろんメインで描かれていますが、その中で入り乱れる大人の汚い思惑も描かれています

実はこれが描きたかったのかもしれません。

映画の中では犯人がいる!?

実際は未解決になってますが、映画の中では一つの「結末」が用意されています。

でも「モヤッ」としてるんですよね。

現実も未解決というのも、temita的には納得出来ません。

11年の経過があるとはいえ、2006年です。

何かしらの糸口が見つかりそうなもんですけどね・・・

子供を失った親御さんの気持ち、なにより恐怖のなか亡くなっていった5人を思うとなんとも言えない気持ちになります。

 

temitaはNetflixにて鑑賞しましたが、現在は残念ながら配信してません。

鑑賞後は少し暗い気持ちに、なによりモヤモヤするのでお天気の良い日に鑑賞ください。

 

子供の失踪で振り回され、向こう側におちる大人たちの映画。

【まずはホイッスルを買いに走りたくなる】映画『プリズナーズ』あらすじとネタバレ考察ホイッスルですよ、ホイッスル。映画『タイタニック』のときもそうでしたが、こんな古典的なモノが人の命をすくうことになるとは…この「プリズナーズ」は囚人ではなく、囚われた人の意味。はたして、囚われた人が複数いる意味とは何でしょうか?...

殺人事件に振りまわされる大人たちの映画。こちらもどうぞ!

【ウソ、真実、秘密。どれが1番ひとを傷つけるのか】韓国映画『シークレット』あらすじと考察これからこの映画を鑑賞しようとしている方。 エンドロールがきたからといって、すぐに止めちゃダメですよ。 そこから、あらたな事...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です