韓国映画

自我を失ったゾンビより怖いもの。【韓国映画】新感染 あらすじと感想(ネタバレなし)

【作品情報】

2016年 制作

制作国 韓国

上映時間 118分

 

【あらすじ】

釜山にいる妻に会いに行くため娘とKTX(韓国の新幹線)に乗るソグ。

そこには身重な妻に付き添うサンファや高校生野球チームも乗り合わせていた。

ソウル駅から出発する際、謎のウイルスにて人を襲うようなった感染者も紛れ込む・・・

政府による感染者の封じ込めも虚しく、韓国全土を凄まじい勢いで飲みこんでゆくウイルス。

動く密室になったKTX内でもウイルス感染が広がりをみせていた。

唯一の未感染地・釜山に無事たどり着けるのか・・・

【感想】

泣けるゾンビ映画の正体

よく訪問するブログさんに「非常に面白い。ぜひ観てみて!」とレビューが載っていたため密かに注目をしていたら、

あれよあれよと「泣けるゾンビ映画は初めて」「これは文句なしに面白い」と評判に。

地元で劇場公開していたのですが、チャンスがなく見られず・・・

結局Amazonの配信で鑑賞しました。

ほんとに泣いた

非常に限られた空間で様々な人間模様が描かれます。

どなたかのレビューにもあった通り社会風刺もあり。

映画の最後、忘れた頃に涙腺崩壊シーンがやってきます(私もやられましたw)。

 

なんとこの映画の前日譚が同じヨン・サンホ監督のアニメ「ソウル・ステーション パンデミック」にて描かれているそうです。

Netflixにあったけど、まだ観ていないっ!

 

実は私、約2年前にソウルから釜山までKTXを使って旅行したことがあります。

2時間半の快適な移動だったな〜と楽しい思い出だったのに、それがある意味リアリティを増すという・・・

次回KTX乗る際の楽しみが増えましたw

 

個人的には大好きなコン・ユとマ・ドンソクを一度に観られたので非常に満足です。

感染により自我を失ったゾンビより、生きてる人間が一番怖いことを確認できる映画ですw

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です