Netflixオリジナル

【予習・セシルホテルの怖い過去】Netflixオリジナル『事件現場から セシルホテル失踪事件』

2月10日から配信が始まる、『事件現場から セシルホテル失踪事件』。

 

ミステリ大好き人間としては、配信が待ち遠しくてたまりません。

予告編を観てみると、タイトルになった失踪事件より前にも殺人事件などが起きており、かなりいわく付きなホテルのよう…

 

俄然気になる!

ということで、シリーズを楽しむためにセシルホテルの謎を少し覗いてみましょう。

 

「予習よりも早くシリーズが観たい!」という方は、第1話のネタバレあらすじをどうぞ!

>>ネタバレあらすじ第1話|Netflixオリジナル『事件現場から セシルホテル失踪事件』

そもそも、セシルホテル失踪事件とは?

2013年2月19日、ロサンゼルス・ダウンタウンに位置するセシルホテル。

その屋上にある貯水槽のなかから、失踪していたエリサ・ラムが遺体となって見つかった事件をさします。

 

エリサはカナダの大学に通う学生だったのですが、2013年2月初旬に失踪したと報告されていました。

セシルホテルの宿泊客より「水の出が悪い」と給水の苦情があったため、ホテルの従業員が貯水槽を覗いたところ全裸で浮いているエリサを発見。

 

警察は失踪届けがだされた後、生存している間の最後の動画として、セシルホテル内エレベーターの監視カメラ映像を公開します。

しかしその動画は、観ているものをかなり不安にさせる内容だったのです。

↓音声なしゆえ、恐怖感が増す監視カメラ映像

左より、エレベーターに入ってきたロングヘアーの方がエリサです。

観ていただくと分かりますが、動きがかなり不審なんですよ。

 

操作パネルに身を添わせ、誰かから隠れるような動きをしたかと思えば、廊下で身振り激しく会話をしているように見えたり。

 

しかし一番怖いのは、終始エリサ以外誰も写り込まないという恐怖TT

(全私が恐怖で泣いた)

 

実はエリサの怪しい行動は、このときだけではありません。

エリサが宿泊した当初は複数人で1ルームをシャアするタイプの部屋を利用していました。

しかし同じ部屋の利用者からホテル側に、エリサの奇行が目に余るとクレームが入ります。

それにともないエリサは個人部屋へルームチェンジを促され、一人部屋になったんです。

(一体何をしたんだよ、エリサ)

 

この画像は、やはり一般市民の不安を呼んだそう。

残念ながらその5日後に悲しい姿で発見されてしまうのです。

 

遺体発見の一報が広まると、エリサの生前の行動や遺体発見の状況より、ホテルにまつわる様々な憶測が世間を駆け巡ります…

セシルホテルの過去 複数の連続殺人犯が宿泊!?

なぜ世間に様々な憶測が広まったのか?

これはエリサの不審な行動だけではありません。

 

実はこのホテル。

過去に複数の連続殺人犯が、事件実行時に宿泊していたホテルなんです。

中でも有名なのが、リチャード・ラミレスとジャック・ウンターベガーの二人。

 

リチャード・ラミレズは別名「ナイト・ストーカー」として有名。

現在Netflixでオリジナル作品『ナイト・ストーカー シリアルキラー捜査録』の犯人その人です。

 

1984年から1985年の1年間に、13人を殺害したとして死刑判決を受ています。

彼は1985年の犯行時に、このセシルホテル最上階に宿泊していました。

この記事を書く前にいくつか資料を読みましたが、ここには書きたくない犯行の数々…

 

 

そしてもうひとり、ジャック・ウンターベガー。

オーストリア生まれで、幼少期を粗暴な祖父とともに過ごしたため、幼い頃より盗難などに手を染めていました。

最初の殺人で服役中に書いた短編小説や戯曲が評価され、なんと赦免と釈放をもとめる活動があり、1990年5月に釈放されます。

 

その翌年1991年、ロサンゼルスに滞在していた際にセシルホテルを利用。

このとき3人の売春婦を殺害したとされています。

なんとホテル内で殺人事件も。

上の二人は犯行時に宿として泊まっていたわけで、犯行現場は別です。

しかし実際に殺人事件も起こっているんです!

 

1962年、ポーリーン・オットンという若い女性がホテル9階の部屋で夫と口論に。

ウンザリしたポーリーンは、夫を懲らしめようと窓から突発的に飛び降ります。

不幸にもホテル周辺は人通りが多く、通行人2人が巻き込まれ即死。

 

1964年には電話交換士の女性が、白昼に性的暴行後殺害される事件が起きています。

いまだ未解決なんです…

 

それだけではありません。

セシルホテルは自殺の名所としても知られ、多くの命が失われています。

最初に記録されているのは1927年1月22日。

52歳の男性が銃で自らの頭を撃ち自殺。

 

元総支配人エミリー・プライスが努めた2007年〜2017年の10年間の間で、

死亡者数は80人にものぼるそう。

セシルホテル、まだまだ営業中

そうなんですよ。

現時点でも、いまだ営業中です。

 

やはり衝撃的な事件でホテルの名前が知られているため、現在は「ステイ・オン・メイン」に名を変えております…

※追記※

実は名前を変えたのではありませんでした。

セシルホテルとステイ・オン・メインは、一つの館で2つのホテルを運営しているのです!!(そのからくりは、第2話でのお楽しみ)

エクスペディアやagodaで予約できますよw

※追記※

ステイ・オン・メインは、2017年に営業は停止してるそうです。

個人的に大好きなBazzFeedアメリカ版のシリーズ『UNSOLVED』で、ホテルの中をのぞきに行ってますので、よろしければどうぞ。

(しかも水道水を飲むというチャレンジも…うぅ)

 

ということで。

今回はNetflixオリジナルシリーズ『事件現場から セシルホテル失踪事件』の予習をお送りいたしました。

このホテルにはいろいろ「いわく」が多いけど、今回はエリサ・ラム失踪事件にスポットを当ている本作。

なぜ、エリサはエレベーターで隠れるような行動をみせたのか?

なぜ、部外者では絶対に入れない屋上に行けたのか?

 

謎は深まるばかりです…

配信が楽しみです。

 

>>Netflixを無料で観る方法【なんと、梨泰院クラス第1話を無料配信していた】

↓早速第1話観ました!完全ネタバレです。

>>ネタバレあらすじ第1話|Netflixオリジナル『事件現場から セシルホテル失踪事件』

↓いきなり真相を知りたい方へ

>>【ネタバレ考察】Netflixオリジナル『事件現場から セシルホテル失踪事件』

↓こちらも面白かったNetflixオリジナル作品

>>Netflixドラマ『ザ・ホーンティング・オブ・ブライマナー』 まとめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です