韓国映画

映画『哭声 コクソン』@Netflix あらすじと感想(ネタバレなし)

前評判をきき、気になっていた映画『哭声 コクソン』。

Netflixで鑑賞したので、さっそくレビューです!

【あらすじ】

とある平凡な村で、村人が自身の家族を惨殺する事件が連続しておこる。

犯人は湿疹で肌がただれ、錯乱状態で発見される共通点があった。

この異変は、山奥に越してきた日本人が原因でないかと噂しはじめる村人たち。

この事件を担当している警官・ジョングは自身の娘にも同じような湿疹が出ているのを発見。

娘を救おうと、数人の村人と日本人を問い詰めるが、この行動が村人をさらなる混乱に巻き込むことに・・・

日本人役として、國村隼が参加し、第37回青龍映画賞で男優助演賞を外国人で初受賞している作品です。

【解説】

オカルト的な不気味さ

ある映画ブログにて作品の存在を知ったのですが、惹かれたのは、その内容の不気味さw

グロテスクなのはあまり好きではないですが、こういう不気味さはウェルカムです。

先日レビューした映画「サバハ」に近いものを感じますw

「全く解らないもの」を受け入れられる?

「全く解らないもの」に対する恐怖心が描かれている映画です。

 

設定もわかりやすく、「地元のもの」と「よそ者」。

よそ者は山奥に住んでいるため、その日常が誰の目にも触れることがありません。

しかも山に入った村人に、ふんどし一丁で目が真っ赤な状態で、生肉を食らう姿まで目撃したと噂までされる始末。

何が目的で、こんな山奥に外国人ひとりで住んでいるのか?と疑われる要素は満載。

 

村では引き続き、気心のしれたご近所さんがいつ家族を殺害するかわからない、張り詰めた状態がつづきます。

 

そんななか娘に事件の予兆がみられた、警察のジョング。

地元の祈祷師に依頼し、娘を守ろうとします。

効果がみられない中、娘が日本人と接触をしていたとわかり、日本人に直接問い詰めるべく、乗り込みますが・・・

「信じたいものを信じる」いきもの

結局、人間は「信じたいものを信じる」いきもの。

 

無意識のうちに、自身に都合のよい材料を集めて、判断材料にしているのかもしれません。

テミタも「彼」「彼女」の存在の判断がつきませんでした。

明確な答えも提示されていないですしね。

 

面白かったですが、薦められる人を選ぶ映画です。

流血シーンも多いのでお子様のいる方は、眉をひそめられるかもw

【やっぱり映画『サバハ』を連想させる】

この映画は、『サバハ』よりも謎が多く(答えがわかりにくく)、観た人の数だけ解釈がわかれると思います。

謎解きが好き、鑑賞後伏線を考えるの好きな方にはオススメです!

↓パク・ソジュン × ウ・ドファン。旬な2人と悪魔祓い

ディヴァン・ヒューリー 使者 ネタバレ
【続編を匂わせる終わり方】『ディヴァイン・フューリー/使者』ネタバレ感想やっと配信料金が400円台になったので、視聴しました! 「悪魔祓いを、エンタメ要素強めで描いてみました」って感じ?が第一印象でした...

映画『サバハ』も気になる方は、ぜひどうぞ。

相棒はヨハネ!?な韓国映画『サバハ』@Netflixあらすじと感想(ネタバレなし) 【あらすじ】 全国のあやしい宗教を独自で捜査し、執筆活動をしているパク牧師。 同じ事務所の若手・ヨハネを、気になる新興宗教団...

似たもの同士な映画『プリースト』もレビューしてます。

【自分は自分でしか救えない】韓国映画『プリースト 悪魔を葬る者』あらすじと感想ずっーーと観たかった、韓国映画『プリースト 悪魔を葬る者』。 「自分を救済している」映画でした。 宗教にうといので謎...

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です