アメリカ映画

【本気になった者がいちばん怖い】映画『パーフェクト・ルーム』あらすじと感想

本気になった者がいちばん怖い。

Netflixで何をみようかとフラフラしているときに、偶然みつけたこの映画。

とくに前評判は検索せずにみたら、大好物の大どんでん返し系!

最終的に彼女を死に追いやった原因に、あ然とします。

【あらすじ】

新築マンションの一室を、情事のために共有する妻帯者の5人の男。

彼らは妻に部屋の存在がばれないよう、徹底的に秘密をつらぬいていた。

ある朝、糖尿病の妻をもつルークが部屋を訪れると、金髪の女性が手錠をつながれ血まみれで死んでいた。

残りの4人があつまり、状況を確認すると、

秘密を共有している5人以外に犯人はありえないとわかる・・・

【あちらこちらにトラップがある】

f:id:temitakms:20190902190820j:plain出典 IMDb

誰もいないはずの部屋に、女性の死体。

しかも手錠で片手をつながれ、もう片方の手首から血があふれている。

防犯アラームが切られており、ドアも玄関も施錠がしてあった。

鍵は5人しか持っていない・・・

まるで密室殺人。

 

しかしこのトリックを解くことにフォーカスせず、

事件にいたるまでの5人をとりまく状況を中心に話はすすみます。

この映画の真相は、完全に予想外でした。

 

話がすすむにつれ、だいたいの犯人や動機がみえてくるのですが、

私の予想はすべてハズレでしたw

くやしい・・・

でもこういう裏切りは大好物w

噛ませ犬がおおいです。

注意。

 

【本気になった者がいちばん怖い】

f:id:temitakms:20190902191113j:plain出典 IMDb

5人の男は軽い関係を楽しむために、あの部屋を借りました。

ですが、やっぱり本気になってしまった人がいるわけです。

 

その本気が今回の悲劇をまねきます。

ヴィンセントに本気になったサラ。

アンに本気になったクリス等々・・・

 

でもクリスだけは、恋敵の議員に別れるよう要求したり、

自分の妻に気持ちを話そうとしたり行動をおこしてました。

アンとの関係をコミットしようとしていたわけです。

 

だからこそ、悲劇はさけられたのでしょうか?

やっぱり浮気は本気になってはいけませんね・・・

というか浮気してはいけませんw

注意、注意。

【ただ結末はキレイにまとまり過ぎた印象】

f:id:temitakms:20190902191513j:plain出典 IMDb

できれば最後の2人の関係は、はっきりと示してもらいたかったです。

でも、男性のあの表情だと、「2人はやり直した」に一票ですね。

 

女の友情は怖いけど、男の友情もややこしいのね。

映画『おとなの事情』しかり。

 

アメリカでの興行成績は振るわなかったようですが、

ひとすじなわではいかない展開にブンブン振り回され、

個人的にはおすすめの映画『パーフェクト・ルーム』。

 

だれが手をくだしたのか?

彼女を死に追いやった理由はなんなのか?

 

あなたも、金・女性・地位・権力のなかで芽生えた「本気」の怖さを

目撃してみませんか?

 

ちなみに

こちらは、にぎやかな密室のなかで、

こわれていく男の友情の映画『おとなの事情』。

映画の完成度では、断然コチラ。

おすすめです!

そうきたか。予想だにしなかった秘密。イタリア映画『おとなの事情』あらすじと感想全く無駄のない、秀逸な映画。きっかけは韓国映画『完璧な他人』。2018年に公開され、韓国中を笑いの渦に巻き込み大きな話題に。じつはイタリア映画『おとなの事情』のリメイクとわかりました。Netflixで配信中だったので、早速観ましたよ!...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です