アメリカ映画

映画『クレイジー・リッチ!』@Netflix あらすじと感想(ネタバレなし)

アメリカで話題をかっさらった映画『クレイジー・リッチ!』。

Netflixにて鑑賞しました。さっそくレビューです!

【あらすじ】

ニューヨーク大学で経済学の教授をしているレイチェル。

付き合って一年になるニックが、親友の結婚式に出席するため、ともに彼の地元・シンガポールへ。

乗り込んだ飛行機でファーストクラスを案内され、初めて彼の実家がお金持ちであることを知る。

彼の母親へ挨拶をするためパーティーに出向く2人。

”あのニックが彼女をつれて帰ってきた”と地元では話題になっており、レイチェルは好奇の目でみられる。

そう彼は、レイチェルが思っている以上に、誰もが知るスーパーリッチだった・・・

【感想】

王道ロマコメ

話の展開は、典型的な王道ロマコメです。

終始安心して楽しめますw

 

お金持ちな彼と一般ピープルな彼女。

2人は愛し合っているけど、彼の家族は彼女の生まれや家族に顔をしかめる。

彼の母親からのあからさまな扱いに、心が折れそうになるレイチェル。

さてこの境遇から、いかにしてニックとの関係を貫くのか・・・

 

テンポよく話が展開するので、2時間の上映時間もあっというまに過ぎてゆきます。

個人的には大好きなシンガポールの町並みを楽しめるのも、満足度の高さの一つです。

 実は歴史的快挙

ロマコメを楽しむ以外に、注目をして頂きたいことが一つ。

 

クレイジー・リッチ!は監督をはじめ、主要キャストにアジア人俳優のみを起用しています。

これはメジャースタジオ配給の映画では、非常にまれな決断です。

 

映画化の話があった際に、Netflixからも(続編も制作していいよといった)破格の条件を提示されましたが、劇場公開にこだわったため破断になったとか。

 

その他の配給会社からもオファーがありましたが、そのどれもが「アジア人俳優を主要キャストにそえる」こだわりを貫けないため、最終的にワーナー・ブラザーズが権利を獲得しています。

 興行成績はいかに!?

興行結果は大成功!

公開初週末に2651万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場1位という快挙を達成しています。

 

ホワイトウォッシング(白人が主人公をつとめること)が根強いハリウッドに、多様性をもたらしたと評価されているようですね。

f:id:temitakms:20190715190358j:plain出典 IMDb

演出にうっとり

とここまで、映画の外について書いてきましたが。

個人的には演出にも注目してほしいです。

 

とくにコリンとアラミンタの挙式シーン。

エルビスの「好きにならずにいられない」がゆったりと会場をあたためる会場。

招待席には腰丈ほどの草がおい茂り、バージンロードには水が静かに弧を描きながら、満たされてゆきます。

招待客がホタルをイメージした明かりを手にし、新婦を迎え入れます。

 

そこはかとない自然の演出がとても美しく、シンガポールの近代的なビル群は対照的に描かれています。

ぜひご堪能ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です